FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
「障害鞍事件」 対策その3
2015年10月02日 (金) | 編集 |
A君で障害もどき。 ともかく素直なA君でお試しとなりました。

しかし、「障害鞍」、乗せるときから、やっぱり、???
ほれ、小さいわ。 変やわ。 落ち着かないわ。
前が下がらないように、なまゲル2枚重ねです。
胸ガイなし。

乗った瞬間「だめでーす。この鞍。お尻を置く場所がありません。」と宣言。
で、指導員K先生がお試しに乗る。
その結果、「問題ありません。 鐙も踏みやすいです。 
騎座で漕がないでください。それはできない鞍です。
何も意識しないでください」。

K先生の乗り姿を、ジッと見る。 違うよね、、馬場と、、、、全然違うわよね。
障害鞍、結構後ろにすわって、そのうえで前かがみね、、、。 
膝を思いっきり曲げるのね。 
鐙はもっと深く踏むのね。
これって、馬場鞍で「やってはだめでーす」とインプットされているシリーズですね。

やってやろうじゃないの、「障害鞍」乗り。


「僕A君。C君じゃないよ。
ぼく、素直だから、障害鞍リハビリに引っ張り出されました」

アイセルです。カイザーちゃうで。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
[READ MORE...]
スポンサーサイト