FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
膝が前に出ると足は後ろ
2014年01月04日 (土) | 編集 |
本日、お馬のけいこ。初乗りです。

で、偶然、M子先生特別レッスンの空あり。
トリトンで、特別レッスンチャレンジ。

「膝で乗らない」「お尻で座る」
M子先生に、足をもってもらい、足の位置を確認。
オー、割と後ろだ、、、、。
なぜだ、いつも足が後ろに行く、足は前へとの注意をうけてるのに、、、。

勘違いに気が付きました。
股関節が曲がって膝が前にでると、バランスをとるため膝関節が曲がって、
実は足が後ろにいっていました。
でも、自分では膝が前に見えるので、足も前にあると思っていました。
もっと前にしないといけないと、膝をさらに前に出しても(つまり股関節が曲がっている)、
さらに膝関節が曲がり、足は実は前にでていませんでした。
本人は足はもっと前にあると思っていたので、
正しい足の位置をみて「オー、割と後ろだ」と思ってしまったわけ。


そうか、股関節を曲げずに、そのまま。
すると足はそのまま下に位置する。
上からみると、膝は思ったより後ろ、膝関節は曲がらないので、足は実は思ったより前になっているわけ。
いわゆるお尻の下に足がくるわけ。

理屈では分かったような、、、。



「理屈より、ニンジンくれ」

年賀

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
写真つかいまわしですの。オホホホ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック