FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
思いっ切り開き手綱
2014年05月09日 (金) | 編集 |
ボツボツ乗馬21回目
WINDYで特別レッスン。

1. WINDYのスイッチの御伝授
「口角にあたらないこと」「バランスを崩さないこと」
で、思いっきり開き手綱作戦。並足から、作戦開始。
横へ(気持ちとしてはちょっと前へ)手綱を開く。
脇を締めるなんて考えずに、思いっきり手綱を開く。

特に左手前の回転は、左の手綱を開く、開く、、、、。
しかも、重心は左のお尻にもってこない。どちらか言えば右お尻!。
左手前の巻のりでも重心は左に移行しない。右!!!!!
これで、WINDYのバランスがとれるそうな。

2.おばさん欠点改善講座
鐙は水平に踏むような意識すべし。
踵を下げようとすると脚が前に来てしまいます。
鐙を水平 → 脚の力が抜ける。足首が自由 → 膝も自由で、馬をはさんでない 
こうすると、WINDYの走りを邪魔していない。

圧迫しようとすると、以前の「圧迫」の誤解に基づき、
脚をいったん前に出して、そのあと後ろに引いて、
グイッとふくらはぎをまわそうとする悪い癖あり。
脚は常にお尻の下位置に置くべし。前後運動しないこと!
圧迫は、股関節の回旋で、膝を開けて、腓腹筋の内側頭の内側で少しグイだけ、、、。

拳は前へ。
脇から、肘を押し出す(それで肘が開閉しているはす)イメージ。
薬指には力入れないこと!

手綱にもたれない。
これって、拳と上半身が安定すると、できるんだってわかりました。
最後の速歩1周だけ、合格。

オオおお、、。WINDYが走る。曲がる。



にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


乗馬・馬術 ブログランキングへ



「馬の話ばっかりで、ミー太の出番が少ない。僕はおこっています」
イカ耳ミー太

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村


黒猫 ブログランキングへ
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック