FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
え! ハミ受け?
2015年06月18日 (木) | 編集 |
R君でハミ受け練習? 以下備忘録。

外の手綱を静定するというイメージは、静定で「持つ」のでなくて、その手の肘を曲げたまま動かさないイメージ。
実は、馬の動きに合わせて肘の角度は自然に開閉しているけど、イメージでは外の肘の開閉はない。
内の手綱を緩めるというイメージは、握りを緩めるかんじ。
内の肘の角度は少し開けてもいいのかな?

拳をそろえるというのは、両肘の曲げをそろえるということか。。。。。
馬が首を伸すのに、引っ張られて肘の角度を開ければ、馬はいつまでたっても丸まらない。
確かに、馬が、「あ、ここ楽」となる位置に頸が上がってきて安定するには、拳の位置が動いたらダメよね。

推進もいるわけで、、、。
脚がしっかりお馬さんにつかないといけないけど、脚をつけようとすると、挟みこんでしまう、、、。
やり過ぎ。
さらっと、触っている程度にしておいて、推進時に圧迫ですよね。
そのためには、脚は思っているより後ろということで。

うーん、わかったような、まちがってるような、、、。
のりちゃん、どう思う?

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

「馬語手帳ーウマと話そう」、早く配達されないかな、、、。
「Dancing with horses」も買ってしまったのよね。 
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/19(金) 10:23:38 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック