FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
障害鞍事件 原因究明その3
2015年10月15日 (木) | 編集 |
障害鞍事件は、解決していません。

ジャンプどころでありません。
駈歩すら、でません。 C爺が怒っています。

やっぱり、この障害鞍、オカシイ。 特に、C爺で、絶対にオカシイ。

で、「馬具ファクトリー・パッカラン」さんのブログを見ると、なんと素晴らしいことが書いてある。
                         ↓
「正位置よりも前寄りに装鞍して、しかも鞍骨の幅が狭い鞍を使用していたら、
肩甲骨上に鞍骨のポイントが当たり、馬は強い痛みを感じるでしょう。」
「同時に鞍は肩甲骨の動きに合わせて左右に揺られるため、
ライダーは馬の縦方向の反動に加えて左右横方向の反動も受けることになり
当然乗りにくくなります。」
「鞍を前寄りに置けば当然シートは前上がりになるため、
ライダーはいわゆる「椅子座り」になりがちです。」

まさに、これ。
C爺は、この鞍がとっても痛いのだわ (私も痛いのだわ)。

今度、鞍を普段より4~6cm後ろ寄りに置いてみよう。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村



「相性が悪すぎるみたいね。その障害鞍・
まあ、いろいろと工夫してくださいませ」
by神様ワンコのりちゃん


この日、C爺に乗る前、R君に乗っていました。
R君は、大きいお馬さんなので、そんなに、鞍がずれている気はしませんでした。
R君、元気に走ってくれました。
機嫌も良かったと思いました。
ニンジンもパクパク食べました。

まさか、この日の夜に「疝痛」で、天国に行ってしまうなんて、、、、。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック