FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
障害鞍事件 対策その5
2015年11月02日 (月) | 編集 |
出稽古。
D君とポニーのKちゃん。本日、馬場がドロドロなので、普通のけいこ。

D君、6部班。
D君、いらないときにやる気出過ぎ。
それを止めたら、やる気なくなり過ぎ。

Kちゃん、3部班。
まるで、外乗。
与那国馬より小さいKちゃんで、落っこちそうになりました。

問題の障害鞍は障害乗りをあきらめました
可能な限り馬場鞍に近づけて、乗ることにしました。

鐙革を長くしました。 
当初よりは3穴(4穴?)は長くなっています。
そして、馬の背には、気持ち後ろに乗せました。
「つま先を開いて脛に鐙革が巻き付くようにして鐙を踏め」もしてみました。

やっぱり変な感じですが、あたって、痛いところはなくなりました。
それでも、背中が丸まってしまいます。
前に重心をもっていかないと、やっぱり安定しないような気がするのです。
だって後ろになんにもないんですもの。



にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

「わかるかな、ほれ、キリギリスが乗っているの」
馬とキリギリス

どうせ、クロスバーですから、こうなったら馬場乗りで、跳んでやる、、です。
「それって、障害鞍の意味がないと思うわ」by神様ワンコのりちゃん


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック