FC2ブログ
17歳9ヶ月で神様のところへ旅立ったおばあちゃん犬と、元気いっぱいの猫と、そしてお馬さん話のブログです。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
脚で圧迫?!
2014年04月27日 (日) | 編集 |
ボチボチ乗馬17鞍目。
クールウォーカーで、TA先生ご指導。

なんということでしょう。
8年+α、私は「脚で圧迫」の「脚」の場所をまちがえていました。
だって、本には、「ふくらはぎ」とか「ヒラメ筋」と書いてあるのよ。
信じるじゃないの。

正解は、
上は「腓腹筋の内側頭の内側」、
中間は「腓腹筋の腱の内側横からちょっと出ているヒラメ筋部分」、
下は「踵内側」
でした。
そして、圧迫するためには、膝を開ける.
すなわち股関節の大腿骨を外旋させる。

これを、意識して圧迫すると、クルたんが自然に動いたのでした。


よーっし、これで「脚の圧迫」を頭では、理解できました。
もちろん、身体が動くかは、別の問題ですが、、。

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


乗馬・馬術 ブログランキングへ



黄色いリボンと猫
2014年03月28日 (金) | 編集 |
夕方にボチボチ乗馬7回目です。
お馬さんはクルたんで、指導はTE社長。

クルたん、反動大でお尻トントン。でもオートマ。
横木に躓こうが、ボロをしながらでも、ともかく経路を走ってくれますの。

さすが、競技会の勇者。


で、あったかいので、タイツを脱いだら、やっぱりキュロットがブカブカです。
うーん、こまったわ。


「黄色いリボンつけられて、ミー太も困ったニャ」
「でも、何しても似合うニャ。大物は違うニャ。」


ミー太と黄色いリボン

にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
にほんブログ村


にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村

[READ MORE...]
馬に乗れるハーフコート
2014年02月01日 (土) | 編集 |
M子先生、特別レッスンはクルたんでした。
クルたん、反動がきついのですが、ほぼオートマです。
やはり、手綱に頼ってしまいます。これは、ダメです。直さないと、、、。
上半身だけ回旋させるのも、難しい。
でも多少、ましになったかもと勝手に思っていました。

が、次のレッスンで、久しぶりのムービー。指導はTE社長先生。
重い、、、。あかん、、、。
ましにはなっていませんでした。


と、「ヘタッピー」を嘆いてばかりいても仕方ないので、お買いもの話でも。
実は、1月は、私の中で馬具購入期間でした(← 年中という噂もありますが、、、)。
まずは、通販で購入の 馬に乗れるハーフコート ASMAR オールウェザーライダー。
クラブの、とっても格好いい方が、それは素敵に着用していたので、真似をして購入させてもらいました。


お馬用上着
着用したら、写真よりスリムでカッコいい(ハズ)です。


にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村
師走でもお馬のケイコ
2013年12月15日 (日) | 編集 |
忙しい師走でも、毎日曜日にはお馬のケイコですわよ。
「ニンゲン、生活リズムは大切です」と自己弁護しながら乗っていますのよ。

お馬さんは、先々週:WINDY、先週:ムービー、そして今日はクールワオーカ―ことクルたん。

WINDYは、相変わらず指導員の先生が走る。
ムービ-は、ご一緒のテンポさんのお尻をかじりたいオーラ全開!!
今日のクルたんは、お利口さん。でも、オバサンの脚が伸びていないことを改めて実感、、、、。

「そんなこと、どうでもいいから、早くご飯を、、、」
ゴン 早くご飯を


にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村


筋クランプ
2013年05月12日 (日) | 編集 |
本日晴天、クルたんで乗馬のケイコ。
指導はI先生で、途中まで結構いい感じでしたの。

が、「大ベテランKさんと馬が倒れている」という大事件発生。
私も馬をピタッと停止。
ここまでは、良かったのですよね。

この後、Kさんを見ようと馬上で振り向いたその瞬間
左肩から首に激痛が、、、、、。
左肩関節脱臼か? 痛いと唸っていると、来ましたわよ「迷走神経反射」。
吐き気、血圧低下、馬上でほとんどブラックアウト。

クルたんの首ににべったりと抱きついた状態で動きがとれず。
Kさんとお馬さんの無事を確認して戻ってきた、先生方に助けていただき、下馬。
「痛い」「恥ずかしい」ですわよ。
皆さん、お世話になりました。

左肩関節は動くので、これは、派手な筋クランプですわよ。
また、やってしまいました。

それにしても、私を守るように、微動だにしなかったクルたんは、偉い。
クルたんありがとう。


で、「え! クルたんカワイイって、抱きついていたんじゃなかったの」とのご感想も、、、。


にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村